頭痛・片頭痛・頭痛外来専門整体院 平安コンディショニング 子供の頭痛・眼精疲労・肩首こり・群発頭痛専科設置 京都・大阪・滋賀・神戸・奈良で口コミNO.1の整体院

子供の頭痛専科

画像の説明

子供の頭痛は珍しくない


当院では小学生のお子さんから頭痛の改善に来院されています。

中学生位からは頭痛の症状は重くなる傾向にあります。

また、成人の頭痛患者の方も、多くが19歳以前から

頭痛があったことを語られておられます。

画像の説明


子供の頭痛は歳と共に重くなる傾向にあります。

放置せずに改善に努めて上げることが大切です。




子供頭痛の症状


子供の頭痛の発症率


子供の片頭痛の発症率は、小学生以下では25人に1人が発症

中学以上では7人に1人が片頭痛を起こしています。

     男児女児
小学生まで3.4%  4.0%
中学以上6.4%14.8%

(神経内科医 寺本先生の調査より)

様々な頭痛の症状


画像の説明

①頭がズキズキ痛む片頭痛

②頭が重だるく締め付ける緊張型頭痛

③眼が痛む・視界が曇る歪む・チカチカが見える

④嘔吐・腹痛・下痢症状などの自家中毒も頭痛の変形型です。

⑤めまい・立ちくらみ・耳鳴りも頭痛の変形型です。

⑥痛みを敏感に感じるアロディニアも頭痛の付随症状です。

起立性調節障害


中学生に多い起立性調節障害は、朝が起きれず頭痛・めまい・腹痛・吐き気

立ちくらみ・全身の倦怠感を伴い、ひどくなると不登校になってしまう症状です。

起立性調節障害は頭痛に伴う症状の総称とも言えます。


当院は上記の症状の改善に対応しております。

頭痛外来,子供頭痛,大阪市,茨木,交野,門真,吹田,摂津,高槻,寝屋川,守口,池田,堺,豊中,枚方,東大阪,箕面,八尾,子供の頭痛,起立性調節障害,朝が起きれない,頭痛で不登校,車酔い,頭痛と腹痛

改善した方の声


小学5年生の女子:〈毎日のこめかみ・眼の奥頭痛〉


画像の説明

その他の喜びの声もご覧ください


画像の説明


改善に必要な条件 


頭痛の原因を知ること


子供の頭痛はなぜ起きているかを知ることが大切です。

子供の頭痛は、子供には原因が無い場合が圧倒的です。

では何が原因なのかを理解する必要があります。


画像の説明

過度な心配をしないこと


病院で精密検査を受けて異常が見つからない頭痛は病気ではありません。

親が過度に心配をすることは、子供の不安感を煽ることになります。

子供が抱く不安感・心配感は頭痛の症状を悪化させる事があります。

画像の説明

子供の症状に理解を示すこと


頭痛で学校を休む・朝が起きれない・不登校になる事に対して

両親・家族が理解を示して優しく見守る必要があります。

家族のだれかが休むことを責めたり、無理解があると改善は難航します。

頭痛外来,子供頭痛,奈良市,大和高田,大和郡山,天理,橿原,生駒市,桜井,五條,御所,香芝,葛城,宇陀,生駒郡,

子供頭痛の原因 


子供の頭痛は、ほぼ100%ストレス系が原因です。


ストレスとは何か?


勉強が忙しい・部活が大変などは当院が定義するストレスには該当しません。

当院が定義する「ストレスとは人への我慢と怒り」です。

我慢と怒りは、繰り返しますと徐々に蓄積して頭痛の大きな要因となります。

子供頭痛,頭痛外来,大津,草津,守山,野洲,甲賀,栗東,東近江,近江八幡,高島,彦根,米原,長浜

子供のストレス原因


両親への我慢


子供の一番のストレスは親です。親はだれでも、こんな子供になってほしい

こんな大人になってほしいと願って育てます。しかしそれは親の価値観の

押し付けであって、子供はだれでも親に我慢しながら育ちます。


画像の説明


画像の説明   画像の説明

家族への我慢


厳しい祖父・口うるさい祖母・嫁姑の不仲や家族の争いも子供の我慢です。

兄弟姉妹間の争いやいじめも我慢として残る事があります。

画像の説明

学校での我慢


学校では、クラスメイト・先生・部活メイトへの我慢です。

辛いな腹が立つなという思いを繰り返しますと我慢は溜まります。

溜まった我慢は腹部に蓄積してやがて頭痛のラインを作り出します。

画像の説明

子供頭痛,頭痛外来,東京,横浜,名古屋,博多,札幌,仙台,金沢,広島,子供の頭痛,起立性調節障害,朝が起きれない,頭痛で不登校,車酔い,頭痛と腹痛

頭痛が起きる仕組み 


我慢は腹部に緊張を作り出す


人に対する我慢を繰り返しますと、腹部に緊張が溜まって行きます。

腹部の緊張が増すとやがて体の中に痛みのラインが出来てきます。

この痛みのラインが脳を強く牽引しますと頭痛が起きてきます。


画像の説明

画像の説明

我慢は消化器官に疲労を生み出す


人への我慢が溜まると、ストレスによる飲食が増える場合があります。

お菓子・炭水化物・炭酸ジュース・菓子パンなどの過食過飲が起きます。

過食過飲による消化器官の疲労で、痛みのラインの緊張が高まって行きます。

子供頭痛,頭痛外来,松原,羽曳野,藤井寺,富田林,河内長野,狭山,岸和田,貝塚,泉佐野,泉南,阪南

我慢は世代連鎖している


子供の頭痛は、子供には原因がありません。


親が抱える我慢


子供の頭痛は子供には原因がない場合が大半です。

親が抱える自分の親への我慢のエネルギーが子供に向いているからです。

親が抱える自分の両親への幼少期の我慢が大元の原因なのです。

画像の説明

親の抱えた我慢が子供の我慢


口うるさく育てられた親は、自分の子供を口うるさく育てます。

厳しく育てられた親は、自分の子供を厳しく育てます。

親に我慢したエネルギーを子供にぶつけているそれが子供頭痛の原因なのです。


画像の説明

世代連鎖している


祖父母から親へ、親から孫へと我慢のエネルギーは世代連鎖していきます。

「虐待する親は、必ず虐待されている」は世代連鎖を如実に表した言葉です。

子供の頭痛は、世代連鎖のエネルギーが起こしているのです。



子供頭痛,頭痛外来,神戸,尼崎,西宮,姫路,芦屋,伊丹,宝塚,川西,三田,篠山,明石,

親子で共有しているストレス


子供は親の疲労を肩代わりしている。


家族は共有している


夫婦親子は抱えている我慢のエネルギーを大なり小なりを共有しています。

特に子供は親の我慢のエネルギーを肩代わりしてくれます。

肩代わりした我慢が満タンになり溢れだしているのが子供の頭痛とも言えます。


画像の説明

我慢のエネルギーとは


我慢のエネルギーとは、人に我慢した感情から出る負のエネルギーです。

現在進行形はもちろん、過去の我慢の感情も記憶に付いて正確に残っています。

我慢の感情からは常に負のエネルギーが湧き上がっているのです。


画像の説明

子供の問題ではない


子供の頭痛は、子供の問題では無く親の問題なのです。

親が抱える自分の両親に我慢したエネルギー、それが大元の原因なのです。

その部分にアプローチしないと根本的に解決しない場合が多いと感じています。




改善率について


小学3~4年生まで


反抗期以前の場合は、親子共に抱える我慢の緊張を取り除くと

子供の頭痛がすっきり改善するケースが多く、改善率は80%位です。

子供の頭痛は反抗期前に改善させるのが一番です。


画像の説明

反抗期(小学4年~中学)


反抗期の頭痛は親への我慢の吹き出しで起きていますので

改善率は50%、やってみないと分からないという答えになります。

反抗期が終わるまで頭痛が治まらない場合もあります。


画像の説明

高校・大学生


親から離れて行く節目で、今までの親への我慢が吹き出している頭痛です。

ですので改善率は高校生は80%、大学生は90%位です。

社会人になれば95%ぐらいの改善率になります。


画像の説明

改善が難しいケース 


家族内に頭痛の原因を理解出来ず改善に非協力的な人がいる場合

家族内での争いや不仲が原因で、争い不仲が治まらない場合

学校で友達・先生に対して強いストレスを現在進行形で抱えている場合

このようなケースは改善が難しい場合があります。




節目で吹き出す我慢のエネルギー


生涯抱える親への我慢


生涯抱える我慢


子供はだれでも親に我慢しながら大きくなります。

親への我慢の感情は、記憶に付いて正確に残っています。

我慢の感情からは常に負のエネルギーが湧き上がっています。


画像の説明

節目で吹き出る我慢のエネルギー


溜まった我慢のエネルギーは反抗期・大学入学・就職・結婚・出産など

節目節目で吹き出して、痛みこり・精神的不安定・イライラなどを起こします。

我慢のエネルギーを、定期的に家族に切れて吐き出している場合もあります。


画像の説明

子供に向かうエネルギー


出産で子供が出来ると、親への我慢のエネルギーは強く吹き出して来ます。

自分が抱える親への我慢を、子供に感情としてぶつけていきます。

子供に切れる、過干渉する、厳しくする、口うるさくする…

この様にして親は溜まった我慢のエネルギーを吐き出しているのです。

子供頭痛,頭痛外来,京都,京都市,宇治,亀岡,向日,長岡京,八幡,城陽,京田辺,木津川,舞鶴,綾部,宮津,子供の頭痛,起立性調節障害,朝が起きれない,頭痛で不登校,車酔い,頭痛と腹痛

どんな施術なのか?


改善の仕方


親への我慢は、緊張として腹部に蓄積しています。

我慢のストレスで起きた過食過飲は、消化器官に疲労として溜まっています。

腹部の緊張と消化器官の疲労を取り除くと頭痛は改善します。


画像の説明

改善の方法


消化器官や腹部へのアプローチは痛みのラインを通じて行います。

首の部分で軽くラインに触れながら、緊張・疲労を取り除いて行きます。

揉む・叩く・指圧・ボキボキは一切ありませんので、安心して受けて頂けます。

画像の説明



どの様な受診が有効か


反抗期以前のお子さんの場合


まずは3回受診してみて、どこまで頭痛が改善するかを診ます。

すっきり改善しない場合は、親御さんの抱える自分の親への我慢の緊張を

取り除く必要があります。できれば親子同時に取り除くのが有効です。


画像の説明

反抗期に入っているお子さんの場合


反抗期のお子さんは、基本的にやってみないと分からないというスタンスです。

まずは3回受診してみて頭痛がどのくらい改善するかを診ます。

その後は、改善具合で何をすべきかを検討します。


画像の説明

反抗期を抜けだしたお子さんの場合


高校生・大学生は反抗期を基本的に抜けだしていますので

大半の場合は回を重ねれば頭痛は減って行きます。

親が強い負荷をかけ続けていないという条件付きです。


画像の説明

遠方並びに集中受診の場合


遠方の方は1日3回、近場の方は1日2回まで受診可能です。

2~3回受診頂きますと通常は何らかの改善感が出て来ます。

改善感が出れば、初診で提示した必要回数並びに対策をこなして下さい。




∇ご予約・お問い合わせ


当院の考え方・治療方針にご理解頂けましたらご予約下さい。

不明な点は、メールにてお問い合わせ下さい。

料金


初診     ¥7000(初診料¥2000が含まれています。)

       施術時間は60分以内

2回目以降は ¥5000

       施術時間は40分前後

〈服装は自由・更衣の必要なし・持参するものなし〉

遠方からの方へ

近年、遠方からの来院の方が増えております。

安心・便利な受診の仕方を案内しております。下記ボタンをクリック下さい。

遠方来院

電話でのご予約


ご予約専用ダイアル

075-708-7825

(電話受付時間 Am10:00~Pm8:00)

【水曜日定休日】(土日祝日は営業しております)

完全予約制

予約後のキャンセル・変更は前日までは可能です、当日は不可です。

営業日カレンダー

            


ネットでのご予約



★24時間いつでも受け付けております★

画像の説明



迷惑メール設定の携帯は、返信が届きません。お電話でお願いします。


子供頭痛,頭痛外来,京都,京都市,宇治,亀岡,向日,長岡京,八幡,城陽,京田辺,木津川,舞鶴,綾部,宮津,子供の頭痛,起立性調節障害,朝が起きれない,頭痛で不登校,車酔い,頭痛と腹痛

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional